宣伝のためにポスターフレームを使うときのポイント

屋外でポスターを看板として使うなら

店頭で新発売や売り出し中の商品を宣伝する際、遠くからも見やすいポスターを使うことがあります。看板とは異なり、ポスターなら気軽に新しいものに交換できるので便利です。ただし、屋外に飾る場合は雨風にさらされる点で注意しなくてはいけません。雨風の対策として効果的なのが、ポスターフレームです。表面は雨に濡れませんし、風で煽られて折り曲がる心配もないでしょう。ポスターフレームに入れることで、長い間綺麗な状態で飾ることができます。

ポスターフレームで見栄えが良くなります

店内であれば、壁にそのままポスターを貼り付けているところも少なくありません。しかし、店舗デザインに合わせたりポスターの宣伝効果を高めたい時はフレームを利用した方がおすすめです。ポスターフレームを部屋のデザインに合わせると、統一感が生まれ印象が変わります。無造作に壁に貼るよりも、商品棚に付けるポップのように目立つ存在にすることが可能です。ポスターフレームを使えば、壁以外にも飾る場所が増えるという利点もあります。例えば、壁に立て掛けるようにして棚の上や床に直接置くことも可能です。

見た目にこだわるならサイズ感にも注意

看板やポップとして作成するポスターの大きさは、時と場合によって様々です。ポスターフレームは、面倒でも作成したポスターの大きさに合わせて選ぶ必要があります。サイズが合わないものを使うと、全体の見た目が悪くなってしまうからです。選ぶ時は、ポスターの正確なサイズを事前に測っておきます。一般的に、縦横のサイズでそれぞれ数センチ大きいフレームを選ぶと安心です。

ポスターフレームとは額縁と似たものですが、屋外でも使用することができるものです。4辺開閉式という特徴があり、ポスターを出し入れしやすくなっています。