自動車免許の取得方法、通学免許と合宿免許の違いは?

普通自動車免許とは?

普通自動車免許は18歳以上から取得が可能な自動車免許です。普通自動車免許は「MT」と「AT限定」の2種類があります。2017年3月12日に道路交通法が改正され、普通自動車免許の分類が変更になりました。3月12日以前に免許を取得していたら準中型で5tまでの自動車が運転できますが、改正法では3.5t車までしか運転できなくなりました。

普通自動車免許の取得方法

自動車免許を取得する方法は2つあります。1つは通学免許です。自宅や学校などから自動車教習所に通学して、免許を取る方法です。通学免許の場合は、自宅や学校の近くなどにスクールバスで自動車学校まで迎えに行き、教習が終わり帰るときも送迎してくれます。利用料は無料です。教習料金はMT車の方がAT限定で取得するよりも高いです。通学免許には様々なプランがあり、AT限定は最短14日、MTは16日程度で免許取得できるプランや通学生の都合に合わせてスケジュールを作り免許を取るプランなどがあります。

2つめは合宿免許です。自動車学校の近くにある寮やホテルから、自動車学校に通って免許を取る方法です。学校の敷地内に寮があるとすぐに通えるし、ホテルから通学する場合もバスの送迎があります。寮の部屋はシングルやツイン、エコノミーなどがあります。朝、昼、夕の3色がついた食堂が備わっている所もあります。談話室やランドリー室などもあって、洗濯や友達と会話をすることもできます。

合宿免許は通学免許と違って、免許取得までの日程が最短日数でスケジュールを組み込んでいます。合宿を希望する自動車学校のスケジュールを確認して免許取得までの計画を立て、余裕をもって申し込むことが大切です。

合宿免許は通学と異なり、泊まり込みで教習所が作成したスケジュールを基に免許の取得を行います。予約やキャンセル待ちが不要のため、通学するより短期間で卒業が可能です。