CADで設計作業が変わる?導入のメリットとは

いまさら聞けない!?CADとは

CADとは「Computer Aided Design」の略で図面の設計や製図作業をコンピューターで行うものです。1960年代に航空機の設計のために開発されたものがベースとなり、自動車や工業製品、建築などのさまざまな分野に広まっていき、発展してきたと言われています。CADの発展により、複雑なデザインの製図も可能になったことで建築などの分野の発展にも繋がっています。近年では2次元CADだけでなく、Z軸の情報も持たせた3次元CADの活用も広まってきています。分野問わず活用できるものは「汎用CAD」、建築用や土木用、服飾デザイン用など特定の分野の作図に特化したものは「専用CAD」と呼ばれています。

CADを導入することによるメリット

CADにより図面をデータ化すると様々なメリットが生まれます。まずは製図やその修正の効率化です。紙の図面と違い、CADなら共通部分の図面を複製したり、修正したい部分だけを正確に選択したりすることが可能です。寸法もコンピューターが計算してくれるので製図者の負担が減り、間違いもありません。修正前と修正後のデータを両方残しておくことができるので比較が容易ですし、修正内容が変更になったという時でもすぐに前の状態に戻ることができます。そして図面を共有することも容易になります。修正などには専用ソフトが必要になりますが、中身を見るだけなら無料のビューワソフトで誰でも閲覧できます。メールなどで簡単に送付できるので、確認作業や協力会社への展開が容易です。

水道CADは、上下水道の工事で使われる配管図面の設計と作図を、パソコン上で行えるソフトウエアです。設計や作図だけでなく、工事の見積りと申請書類の作成まで一貫して行えるので、設計業務の効率化も図れます。