高齢出産にもチャレンジできる!卵子提供の事情を把握しよう

海外で卵子提供を受けるメリット

海外の婦人科の病院では、卵巣の病気や生まれつきの体質などにより妊娠ができない人を対象として、卵子提供が行われているところが多くあります。中でも、45歳以上の女性を対象とした卵子提供の実績のある病院は、国内での不妊治療の効果が得られなかった夫婦にとって頼れる存在として位置づけられています。また、高度な医療設備が揃っている海外の病院を利用する場合には、高額な費用が発生することがありますが、経験豊かなエージェントに仲介をしてもらうことで、失敗のリスクを最小限に抑えることができます。なお、卵子提供を受けるためには、事前に様々な検査や準備が必要となるため、余裕をもってエージェントや現地の病院と打ち合わせをすることが大切です。

国内で卵子提供を受けるときに気を付けたいこと

国内で卵子提供を受けられる病院の数は、海外の先進国と比べて少ない状況にありますが、日本人の医師や看護師などのスタッフにサポートをしてもらえるという大きなメリットがあります。一方、卵子提供が可能な患者の年齢や健康状態などの条件が海外よりも厳しく設定されていることから、不妊治療を始めるタイミングをしっかりと判断することが大切です。また、卵子提供のための費用は、健康保険が使えないことから数百万円以上になることもあり、各病院の料金体系やおおまかな費用の相場について確認をしておきましょう。なお、卵子提供が成功し、無事に出産をした際には、法的に家族関係が曖昧になることもあるため、公的な機関に相談をすることが大事です。

自分の卵子でなくても、妊娠することを可能にします。病気や高齢による卵子の老化により自分の卵子での妊娠が難しくなった場合、第三者の卵子提供により妊娠を目指せることになります。