調光ができる照明器具は便利!!すぐに点くのもうれしい!!

微妙な調光ができる照明

白熱電球で調光をしようとすると、電球そのものを取り換える必要があります。100ワットだとかなり明るいですし、20ワットぐらいならかなり暗くなります。通常は40ワットや60ワットぐらいがちょうどいいかもしれません。蛍光灯だと、複数の蛍光灯をつけたりして明るさを調節します。一つで暗ければ2つ付けるなどして対応します。LEDによる照明だと、細かい調光ができます。リモコンがついている照明器具があり、点けるや消すで操作をします。それ以外にプラスボタンとマイナスボタンがあります。プラスボタンを押すと、少しずつ明るくなり、マイナスボタンを押すと少しずつ暗くなります。寝る直前などは暗めにして、テレビを見るときなどは明るくするなどが可能になります。

蛍光灯に比べるとすぐに点灯してくれる

蛍光灯を点ける時、スイッチなどを押してもすぐには点いてくれない時があります。タイプによって異なりますが、まずは点灯管と呼ばれる部分に電気が流れ、その後に蛍光灯本体に流れて明るくなります。点灯管の調子や蛍光灯の調子でも電気の点き方が変わります。LEDによる照明器具だと、スイッチを入れるとほぼ瞬間的に明るくなります。LEDは点灯管などがないので、電気が流れればすぐに明るくなります。暗いところでスイッチを押したとき、蛍光灯だと暗いまましばらく待つので不安があるでしょう。LEDならそれがありません。ただし、配線などで不具合などがあると点きにくい時があります。これまでのように点灯しなくなったときは修理や交換をしましょう。

LEDライトパネルとは、発行ダイオードであるLEDを使用し、デザイン面を背後からライトアップする看板のことです。