ゆるみは医療で改善できる!膣縮小手術の特徴

ゆるみの原因を知ろう

下半身の悩みは色々な種類がありますが、女性の場合は膣のゆるみもあげられます。性行為の時にパートナーに指摘をされて気づいたという人もあれば、尿漏れや入浴中にお湯が入ることで気づく場合もあります。

改善のためには、なぜゆるむのかその原因も知っておきたいですが、まずは加齢による筋肉の衰えが上げられますし、妊娠や出産の影響で骨盤底筋に負担が掛かっていることもあげられます。

この他でも便秘や肥満なども膣のゆるみの原因となりますので、できるだけ原因となる要素は取り除いていきたいところです。

手軽な改善方法としては、骨盤底筋を鍛えるエクササイズやトレーニングがあげられますので、根気よく続けていきましょう。最近は専門のトレーニンググッズなども販売されています。

膣縮小手術で悩みを解消しよう

トレーニングでも良い結果が得られない、より短期間で改善したいという場合は医療も取り入れることも検討したいところです。

膣縮小手術では、手軽に行えるものではヒアルロン酸注入があげられます。ヒアルロン酸注入は美容医療でもよく取り上げられている方法ですが、膣内の壁に注入することで膣を狭くすることができ、短時間の治療で済みますし傷跡が目立つ心配もありません。

ヒアルロン酸の他には脂肪細胞を注入して膣を狭くすることもできます。この他では縫い縮めて膣を狭くする治療もあり、吸収糸を使いますので抜糸をする必要もありませんし、入院の必要はなく日帰りで利用することができます。合う治療方法は症状により違いがありますので、まずは診察を受けてみましょう。

膣圧とは、性交の際女性の膣が男性の陰茎を締め付ける強さのことです。人によって大きく個人差があるようです。